Central International Law Firm
Home > ニュース・資料 > ニュースレター
•  韓国特許庁、2021年の偽造商品取締実績を発表
•  存続期間延長登録出願の対象となる、新物質を有効成分として製造した医薬品に該当するかどうかに関する特許法院2020ホ4129判決
•  特許侵害訴訟における自白の成立及び取消に関する事例(大法院2022年1月27日宣告2019ダ277751判決)
•  特許発明に対する新規性否定の先行技術が公然と実施されたかどうかが争点となった事件(大法院2022年1月13日宣告2021フ10732)
•  2021年韓国商標法の主な改正事項(改正日:2021年10月19日、施行日:2022年4月20日
•  2021年韓国デザイン保護法の主な改正事項
•  コロナワクチン関連特許出願、優先審査の対象に新規指定(韓国特許法施行令改正、2021年6月23日施行)
•  2022年に施行される改正特許制度
•  特許審判における調停連係制度と適時提出主義制度の導入・施行
•  商標出願の審査段階において予め拒絶理由を通知した事由であっても、その事由を拒絶決定において拒絶理由としない場合、拒絶決定
◀◀  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10   ▶▶

COPYRIGHTⓒ2011 CENTRAL Intellectual Property & Law. ALL RIGHTS RESERVED
Korean 82-2-767-1100 English 82-2-767-1200 Japanese 82-2-767-1300 Emergency 82-2-767-1111 FAX 82-2-767- 1234 E-MAIL ip@cipl.kr
住所: 大韓民国 ソウル特別市 鍾路区 鍾路5ギル68 コリアンリビル 5層 CENTRAL INTELLECTUAL PROPERTY & LAW.