Central International Law Firm
Home > ニュース・資料 > アイピー・プロテクション・チップス - ������������������������
商標の機能

1.意義
商標の機能は、商標を商品に表示して使用する場合、その商標が商品との関係でどのように認識され作用するかというものである。商標の機能は、商標を商品に使用することにより本質的に持つようになる本質的機能と、その商標を長期間使用することにより持つようになる派生的機能とに分けられる。

2.本質的機能
(1)自他商品識別機能
自他商品識別機能とは、「自己の商品と他人の商品とを区別させる機能」をいう。
商標の自他商品識別機能は、商標の機能の中で最も本質的な機能であり、商品の同一性を表示する機能でもあり、商標が著名になればなるほど商品の識別力は強くなる。

(2)出所表示機能
出所表示機能とは、「同一の商標の商品は同一の出所を示す機能」をいう。同一の商標が付された商品は、同一の者により生産・販売・流通されるものとして認識されるようになる。
商標は、製造業者に限らず、販売業者、加工業者、輸入業者、使用権者等によっても使用されているので、出所表示機能の重要度は著しく下がっている。

(3)品質保証機能
品質保証機能とは、「同一の商標の商品は同一の品質を有していると期待させる機能」をいう。

今日の取引実情において、一般需要者はどの商品が具体的にどの製造業者により生産されるかに重きを置かず、どの商品がどのような品質を有するかに関心があり、商標を直接的な商品の品質表示として認識しているので、品質保証機能は商標の重要な機能の中の一つである。

2.派生的機能
(1)広告宣伝機能
広告宣伝機能とは、「商標が商品自体または商標使用者を一般需要者に強く認識させる作用をすることにより購買意欲を刺激し、人々に商品と商標使用者の名声を伝播する機能」をいう。

最近では、マスコミの発達と製品の均質化で、商品販売競争は品質よりも広告宣伝に依存する傾向が強い。今日、商標は、取引社会において商品の最も強力な販売促進手段であり、商標使用者にとっては最も重要な機能である。

(2)財産的機能
商標の本質的機能である出所表示機能と広告的機能が長時間発揮され、かつ蓄積されれば、商標の財産的価値は増大する。かかる商標は、法律によって財産権として保護されることはもちろんのこと、商標権者にとって重要な財産となる。

(3)保護的機能
商標が多年間使用されて本質的機能を発揮し、かつ長期間広告・宣伝されることにより需要者に広く認識される場合、その商標と同一または類似の商標は登録が認められないなど商標法によって保護され、また、他人の不正な使用については不正競争防止及び営業秘密保護に関する法律によって保護される。

(4)競争的機能
競争的機能とは、「使用により顧客吸引力を維持し、獲得する場合、他人の商品との関係で優位に立つようになる機能」をいう。
商標を長期間使用し、品質が優秀で消費者に人気があり、信用を蓄積する場合、その商標は強力な競争的機能を持つようになる。
|

COPYRIGHTⓒ2011 CENTRAL Intellectual Property & Law. ALL RIGHTS RESERVED
Korean 82-2-767-1100 English 82-2-767-1200 Japanese 82-2-767-1300 Emergency 82-2-767-1111 FAX 82-2-767- 1234 E-MAIL ip@cipl.kr
住所: 大韓民国 ソウル特別市 鍾路区 鍾路5ギル68 コリアンリビル 5層 CENTRAL INTELLECTUAL PROPERTY & LAW.